2009年10月06日

ベンツAクラス W168 F表示です・・・。修理が2万円だ♪

AクラスのオーナーもAクラスの購入を検討している方も1度は聞いた事があるでしょっ??

ATトラブルです!

でも、これって滅多に起きない症状な事を知っていましたか?

オートマをオーバーホールなんて必要無い無い!!

基本的には、2つのパターンで故障が起きています!

1つは、いわゆる「F」表示です。「F」表示とはメーター内のシフトポジションの表示
がエラーの総称でもある「F」というマークに変わるのです。


ベンツ激安修理もっと見る!!クリック




この「F」であれば、ATトラブルの中で1番安く修理できます。

原因は、ズバリ・・・・シフトノブが付いているユニットです!

これは、ギヤ検知モジュールという部品になるのですが、車に現在のシフトポジションを
伝える役目を主にしています。

このユニットの基盤がダメになると指示を送れなくなるので、「F」になるというわけです。

実際に、このユニットに来ている電源のコネクタを外すと「F」になります!(これ知らない車屋さん多いですよ!)

これを交換してしまえばOKですが、新品は8万円以上します

ここは、中古で直すのもOK。中古部品はネットで簡単に検索できます。
「ベンツ中古部品」などで検索エンジンから検索して下さい。

しか〜し、裏技もあります!!

基盤修理です

基盤が壊れているなら基盤を修理すればOKじゃないですか?

その通り!!直せます!費用は2万円くらいです!

中古を使うよりグッと安心で安いですよね




もう1つのATトラブルは、「F」表示ではなくて、表示が消えます

そして「ABS」の警告灯が点灯します。

これの場合は、ATのコンピューターが不良になっています!!

これは正直なところ・・・高いです。

25万円くらいです!!!!


ベンツ激安修理もっと見る!!クリック



でも諦めないで!!直すチャンスがあります!そのコンピューター部分を清掃するのです。

それでも直らなければ、コンピューター交換です。

な、なんとコレでも直らないケースがあります・・・。

その時が、Xデイです

ATオーバーホールです!!!

でもここまでいく車は1000台に1台くらい(ATトラブルの中で)


ご安心の上、Aクラスを楽しんでください!!

10043814979_s.jpg


シフトモジュールを並べてみました!!


ベンツ激安修理もっと見る!!クリック


posted by ベンツ修理相談室長 at 18:37| Comment(3) | ベンツAクラスW168修理激安の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2001年式 W168(A160)に乗っています。先日HI走行中HIの表示がでました。これで3回目です。そのまま走っていて消えることもあり、またエンジンを止めてもう一度掛けると直ります。
Posted by 酒井正一 at 2010年11月09日 23:43
15年式67000km

激しくギヤーチェンジしたらエンジンチェックランプ点灯 しばらく後F点灯
エンジン再起動おk

でもエンジンチェックランプ点灯しヤナセにて点検消灯
とりあえず使っていり
Posted by coco at 2011年11月12日 09:52
エンジンを始動させるとスパナの絵表示とその後ろに-2900と出ました。その後-3000、-3100と表示が変わっていきます。
又、調子のいい時は走ってますが、たまにアクセルは踏んでいるのにギヤが滑っているような感じで、加速がよくない時があります。そして最後にはFマークが点灯しました。
結構修理にお金掛かりますか?
どうしたらいいでしょうか?
どなたか教えてください。
Posted by 山口 at 2012年11月05日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。