2009年10月06日

ベンツAクラスW168エンジン不調の原因

ベンツW168 Aクラスのエンジン不調とは、主にアクセルを踏んでもブスブスと吹けなくて、エンジンが止まってしまう事もあるという症状です。

セオリーでいくと、プラグ→コイル→エアマス→アクセレーターと行きます。
この順番は、基本的に可能性が高いのと費用が安いから決めています。

しかし、Aクラスの場合は違います。

点火系に異常が無い場合、アクセレーターにいきなり手を出します。

かなりの確立で直ります。

ちなみに、アイドリングが下がりすぎてエンジンが止まりそうになる症状もコレです。

アクセレーターは通常、修理に20万円以上かかるのですが、Aクラスの場合、部品が60000円なんです。

逆に、エアマスがエンジンのコンピューターと一体になっていて17万・・・。

アクセレーターは最後に回すのが鉄則ですが、Aクラスの場合は1番最初に持ってきても良いくらいです!!

10043886929_s.jpg


ベンツ激安修理もっと見る!!クリック



この部品は、エンジンコンピューターを外して作業しなければいけないほど奥に入っていますので、作業時は明るい時間から始めてください!!
posted by ベンツ修理相談室長 at 18:30| Comment(3) | ベンツAクラスW168修理激安の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベンツAクラスの不具合について確認したいと思います。最近、走行中に燃料カットになったような状態になりスピードが落ちしばらくすると普通に走る状態になる。高速道路走行中に同じ状況になり端に寄せエンジンを空ふかししたところ高回転になるとブスブスと反応しなくなりました。これはどこに原因があるのでしょうか。
Posted by 篠田 恒美 at 2011年01月04日 17:16
Posted by かなぶん at 2011年10月22日 17:14
12年のA160てすが、エンストでみてたら単発だったのでコイルとプラグ交換しました。その後調子よかったので試運転したんてすが、途中でエンスト。。。エンジンもふかなくなりました。アイドリングはふつうです。一度エンジンを切ってかけなおすと調子いいです。何が原因なのかわからなくて困ってます。
Posted by かなぶん at 2011年10月22日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。